So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ビーチボーイズ@QVCマリンフィールド! [音楽]

ビーチボーイズ、結局行ってきました!
初のQVCマリンフィールドまで。
(どうもこの呼び方に慣れず、千葉マリンスタジアムと言いそうになる)

当初はあまり乗り気でなかったけど...
結論を言えば見てよかった!
いや、見なければならなかった!

50周年のアニバーサリーツアーということで見たいのは勿論でしたが、ちょっと遠いし、野外だと天気は心配だし、休みも取れるか不安だったので、最後の最後までチケットは買わずにいました。
そのくせ、8月のシフトを決める際には抜かりなく16日は休みにしておいて、準備だけはしておいたのです。
週間天気で雨は降らない様子というのを確認してから、チケット購入。
既に指定席の販売は終了していて、当日指定席引換というチケットを購入。

足代も安く済まそうと、久々の「青春18きっぷ」を利用。
幕張本郷駅からバスで会場へ着いたのが、15時を過ぎた頃。
チケット引換場所まで歩いていく間、球場外側のスピーカーからはビーチボーイズの曲が流れていて、自然とワクワクしてくる。
引き換えたチケットはスタンド側。
アリーナの変な場所より、高さのあるスタンドの方が見やすいだろうと思っていたので、期待通りの結果。

グッズ売り場には延々と列が。
炎天下の中これじゃ倒れるだろうと、あっさりあきらめて、会場入り。
一塁側ですでに日射しが翳り、ステージも見やすい位置で大満足。
スタンドの席も横浜スタジアムよりよくって、広くてゆったり。
アリーナのパイプ椅子より良さそう。

16:30、星野源登場。
ベースは伊賀航、途中で高田漣登場。
これで細野さんが出てきたらなんて妄想しているうちに終了。
前から気になっていたので、前座で見ることができたので得した気分。
心地いい海風の中、ビール片手にゆるゆると楽しめました。

アメリカの登場までの間にやっぱりTシャツ買おうと、グッズ売り場へ。
パンフレットはやはりかなりの行列。
それ以外はすんなりと進み、思いのほかスムーズにゲット。

ポカリを買って席に戻るとちょうどアメリカがステージへ。
気持ちのいい空に往年の名曲。
南から来た男もサプライズで登場!
幕張がウエストコーストへと一気に変化。
段々と暗くなり、メインアクトへの期待が高まる。

ステージはサマーソニックでそのまま転用するのでしょうか?
左右とステージ後ろにモニターが設置。

辺りが暗くなっても、球場の照明は入らない。
でも風が気持ちよく、ひっきりなしに視界に入ってくる飛行機を見ながら時間を過ごす。

主役の登場は19時ごろでしたか。
ブルース、アル、デビッド、マイク、そしてブライアン!
まさか、同じ時間と場所を共有できるなんて!!
立て続けに古い曲の応酬ですっかりノックアウト。
まさかブライアンとマイク・ラブが同じステージで見ることができるとは。

それにしても二人が対照的すぎ。
キーボードを前に動きが少なく、目もうつろなブライアン。
時折ボーカルをとっても、目線はプロンプターへ。
いつも以上にステージを楽しんでない感じが気になって仕方ない。
恰幅も良くなってしまって、またまた悪い方向に行かないならいいけど...

一方でマイクが大活躍。
メインボーカルは勿論、コーラスパートでのベース担当同様、縁の下の力持ち的働き。
2音サックスは見れなかったけどね。(笑)
とても71歳には見えなかったよ。

鉄壁のバックバンドももり立てる。
モニターに時折映るドラマーは叩き方、格好がデニスそっくり。
デニスにしか見えなくなってきた。

そんな中、まさかのデニスとカールの登場。
もうこれには途中から涙ボロボロで見てました。
いやー泣けた。

結局休憩無しの33曲、2時間弱という内容。
まだ名古屋での公演があるし、セットリストは書かないけど、ベストな選曲!
ほんとにいいライブでした。
終演後の観客の表情がそれを物語っています。

時間軸ってただまっすぐに過ぎて行くのではなくて、サークルなのかもしれないって、丸く切取られた空を見ていて思った。
季節もそうだし、音楽だってそうだ。
巡り巡って重なる場所がある。
グッドバイブレーションが生まれる瞬間がある。
若い人からリアルタイムのファンまで引きつける希有な音楽。
素敵じゃないか!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

スピーカー新調

またまた更新停滞してしまいました。

前回はCDプレイヤー購入ということでしたが、その後スピーカーも新調を考えまして。
あれこれ物色、あちこちで試聴。
もちろん懐具合と相談しながら。
大げさなモデルは到底買えませんので、ほどほどのもの。

当初はB&Wの685あたりを考えてたけど。
第一印象は値段以上の音でいい感じだったのですが、後々聴き込んでいくとこの色付けの感じは...
結局却下。

その後、全く眼中になかったJBLのエントリークラスを聴いてみたら、かなりツボだったので、値段もこなれてきたこのモデルに決定。


JBL 4305H WX(1ポン) 20cm 2Way Compact Monitor

JBL 4305H WX(1ポン) 20cm 2Way Compact Monitor

  • 出版社/メーカー: JBL
  • メディア: エレクトロニクス



特徴的なブルーバッフルの面構え、なんだかんだ昔からあこがれだったもので。
小さいモデルですが、音量上げて行くとしっかりとヤンチャな鳴りをしてくれます。
候補にあったのは4306、4307あたりですが、4305が一番素直な感じで自分の好み。

購入後、1×12材とヒノキの角材でスタンドも自作。
個人的には満足してます。

台風が近づいている今夜。
外はかなりの雨で、強い風とともに雨戸に打ち付けています。
ちょっと不安な夜ですが、しっとりと「雨のスーちゃん」を聴きながら過ごしています。
無事に通り過ぎることを祈って。


雨の日のジャズ

雨の日のジャズ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージックジャパン
  • 発売日: 2010/09/22
  • メディア: CD




JBL スピーカー 4306

JBL スピーカー 4306

  • 出版社/メーカー: JBL
  • メディア: エレクトロニクス




JBL 3ウェイ・ブックシェルフ型 【1本】 4307

JBL 3ウェイ・ブックシェルフ型 【1本】 4307

  • 出版社/メーカー: JBL
  • メディア: エレクトロニクス



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

新しいCDプレイヤー [音楽]

今年初の更新です!(笑)

この半年程、いろいろと忙しい状態が続いていまして。
こちらは更新できない状態が続いていました。
それでもCD買ったり、本を読んだり、写真を撮ったり、自分の好きなことは合間に続けていましたが...
もう一つのブログも以前程ではないにせよ、細々と更新してます。

新年度になったことでもあるし、今の環境にも慣れてきたし、たまには更新をするようにしていきます。

最近の大きな変化というと、CDプレイヤーを新調したこと。
実に四半世紀ぶりのことです。
これまでのはデンオンのもの。(デノンじゃありません!)
今までよく働いてくれました。
トレイが壊れてしまい、自前で修理も考えましたが、思い切って新調することに決定。

3月はネットで調べたり店舗で試聴させていただいたりと慌ただしい日々。
デノンにしようかマランツにしようか??
ある量販店の販売員さんは、当時のデンオンとは正反対の音造りというのが気になって、マランツで機種選定。
個人的にSACDは全く不要だけど、上のクラスを見ていくと必然的に対応機に。
別の店舗でお話を伺うと、SACD対応機とCD専用機では全く音が違うとのこと。
実際、どういうわけだか同じメーカーでも音が薄い感じが。
この方のオススメはCECのCD3800でした。
この機種、確かに音に厚みがある感じ。
好みの音でした。

自分の中で答えが出ないスパイラルにどっぷり浸かりました。
できるだけ予算は抑えたいということで、方向性はCD専用機に。
メーカー国内大手の2社。
聴き比べるとマランツの方が好みだったので、最終的に選んだのはCD6004。
予算を考えるといい買い物でした。
納品後、自宅で聴いてみて、やはり納得。
オーディオ、結局のところ自己満足の世界です。
好みに合えばいいのです。
と個人的に思うのです。
これからはいい音で楽しめるので、残業も寄り道もしないで帰ってこよう。

(引退したデンオンのプレイヤーはトレイを直して親父にあげるつもり)


マランツ CDプレーヤー marantz CD6004-N

マランツ CDプレーヤー marantz CD6004-N

  • 出版社/メーカー: マランツ
  • メディア:




マランツ CD/スーパーオーディオCDプレーヤーmarantz SA8004 SA8004

マランツ CD/スーパーオーディオCDプレーヤーmarantz SA8004 SA8004

  • 出版社/メーカー: marantz マランツ
  • メディア:




DENON CDプレーヤー DCD-755SEK

DENON CDプレーヤー DCD-755SEK

  • 出版社/メーカー: デノン
  • メディア: エレクトロニクス




CEC CDプレイヤー(シルバー) CD3800-SL

CEC CDプレイヤー(シルバー) CD3800-SL

  • 出版社/メーカー: CEC
  • メディア:



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Appleユーザーとして [PC]

悲しいニュースでした。
スティーブ・ジョブズ死去。
いつかはやってくるその日がまさかiPhone 4S発表の翌日になるとは。

これまで生きてきた半分くらいはアップルの製品が何かしら身の周りにあったように思います。
最初は学生時代。
とある実験のツールとして、その便利さと賢さに驚いたものです。
熱狂的なファンではないけど、直感的で分かりやすい使用感を味わってしまうと、もう放せなくなります。
プライベートではすっかりmacユーザーです。

56歳というのはあまりにも若すぎる死。
もう10年はいてほしかった。
魅力的な製品を作ってほしかった。
でも彼のしたことはとてつもなく大きなこと。
もしもこの世にあれらの製品がなかったことを考えたら、どんな世界になっていただろう?

リンゴは落ちても、木があればまた実をつけてくれるはず。
また素晴らしい実がなることを期待しています。

Rest in Peace.
合掌。


スティーブ・ジョブズ I

スティーブ・ジョブズ I

  • 作者: ウォルター・アイザックソン
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/10/25
  • メディア: 単行本




スティーブ・ジョブズ II

スティーブ・ジョブズ II

  • 作者: ウォルター・アイザックソン
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/11/02
  • メディア: 単行本



タグ:MAC Apple

スマイルとフィル・スペクター・ボックス予約済 [音楽]

9月初の更新です。(笑)

前回、ビーチボーイズのスマイル発売でぶっ飛んでいましたが、そのあとすぐに国内盤のアナウンスあり。
輸入盤に比べると高くなりますが、「コレクターズボックス」20,000円也を即予約しました。
何せ限定1,500セットという情報だったので。
これじゃ予約しないと買えないと判断しました。
案の定、予約した数日後にはそのサイトでは取扱終了。
危なかったです。

一方、出そうで出ない"Phil Spector Presents The Philles Album Collection"も某サイトで激安の4千円台で出ていたので、コチラも即予約。
この価格、やはり間違いだったのか、いまじゃページが消去されていて、見ることができません。

後者の方がきちんと届くか心配であります。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

THE BEACH BOYS / SMILE 11月に発売 [音楽]

とうとう出ます!!
アメリカでは2011.11.1
"The Smile Sessions Box Set"
って、当然のようにボックスを買うつもりでいる自分が怖い。
通常仕様もあるみたいだけど...
ここはやはりボックスで。
5CD+2LP+2ドーナッツ盤(それともセンターはソリッド、プッシュアウト??)、ブックレットだの写真だのテンコ盛り。

ブライアンのオフィシャルサイトでは少し前からアップされていたけど。
中身が明らかになりました。
You Tubeでこれ見たとき、ぶっ飛びました!
なんじゃこりゃ〜



日本のアマゾンではまだ載ってないようですが、アメリカのアマゾンでは今日この時点で170.73ドル。
日本ではいくらになるのでしょう?
いずれにしてもこれも予算計上しておかなかないと。
フィル・スペクターのボックスにスマイルのボックス。
今年の秋は箱モノが熱い。

タグ:CD The Beach Boys

ニック・ロウのニューアルバムとともに

結局ニック・ロウのライブは今回も行けませんでした。
いつものことながら、良かったらしいですね。
フジロックで見て以来行ってないのか。
ファン失格です。


オールド・マジック

オールド・マジック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ミュージック・シーン
  • 発売日: 2011/08/25
  • メディア: CD




アルバムも意気込んでフラゲもしてないし。
でもちゃんと買いますよ。
この週末はタワレコの実店舗はポイント3倍だというので、一日我慢したわけです。
折角の3倍というので、ニューアルバムともにロックパイルの蔵出しライブ音源も買おうかと。


ロックパイル/ライヴ・アット・モントルー 1980

ロックパイル/ライヴ・アット・モントルー 1980

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ヤマハミュージックアンドビジュアルズ
  • 発売日: 2011/08/24
  • メディア: CD



ロックパイルのライブというと、ニューヨークのボトムライン(スペシャルゲストにキース・リチャーズとロバート・プラント!!)のとか、BBCのスタジオライブの音源をブートで聴いたことがあるけど、これは知らなかった。

ニック・ロウ関連ではキッピントン・ロッジのCDも同時期にリリース。
以前に出たブリンズリー・シュワルツのコンピ"HEN'S TEETH"に収録されていた以外に、未発表曲が追加されているよう。
未発表は気になるけど、"HEN'S TEETH"は持っているので、今回はパス。
(それにしても中古価格が高い!)

この先欲しいCDがあれこれあるから、財布のひもは固めをキープ。


シャイ・ボーイ~ザ・コンプリート・レコーディングス1967-1969

シャイ・ボーイ~ザ・コンプリート・レコーディングス1967-1969

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ミュージック・シーン
  • 発売日: 2011/08/25
  • メディア: CD




Hen's Teeth

Hen's Teeth

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Edsel Records UK
  • 発売日: 1998/05/05
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

フィル・スペクターのボックスは9月発売らしい [音楽]

当初6月と言われていたフィル・スペクターのボックス。
どうやら9月に発売されるようです。→10月に延びてる(トホホ)

当初のアナウンスより増えて7枚組!
増えたのは "The Phil Spector Wall of Sound Orchestra, Phil’s Flipsides"だそうで。
シングルB面のインスト集!
これだけで買いですネ♪
"GO! GO! NIAGARA"でも有名な"Dr. Kaplan’s Office"も収録されてます。

いまから予算計上しておかないと。


Phil Spector Album Collection

Phil Spector Album Collection

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Legacy
  • 発売日: 2011/10/11
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

節電の成果、バッチリ! [日記]

東電から納付書が届きました。
検針の結果、7月の電力使用量は昨年同時期と比較して...
何と「49%」の削減!

一番大きな要因としてはやはりエアコンの使用を控えたことでしょう。
他にも冷蔵庫を少し弱めたり、電灯をこまめに消したりと小さなことの積み重ねが成果に現れたのかも。
でもまさか約半分になるとは、驚きでした。
まさに「塵も積もれば...」ってことです。
(ちなみに現時点の電力使用状況が分かるブログパーツを貼ってみました)

すだれを吊るして日光を遮り、窓も一ヶ所だけでなく反対側も開けて風の通り道を作ってあげれば、意外に涼しいものです。
それでも風がない日はきついから、扇風機を買いました。
まさか今の世に扇風機を買うとは思ってもみなかったです。


三菱 R30J-MM-A リビング扇 (リフレッシュブルー)

三菱 R30J-MM-A リビング扇 (リフレッシュブルー)

  • 出版社/メーカー: 三菱電機
  • メディア: ホーム&キッチン



購入の決め手は故障の要因となるゴミやホコリの侵入を防いだ「全閉型モーター」を採用していること。
ファンの風切り音、モーターの動作音が静かだと評判なこと。
そして50Hzの場合、30Wという省電力だったこと。

リモコンが付属してないシンプル設計ですが、何の不満もありません。
もっぱら一番弱い「ベビー風」で使用してます。
熱帯夜もこの扇風機とアイスノンで安眠できてます。

来週月曜の8日はもう立秋。
早く過ごしやすくなってほしいものですね。
タグ: 節電
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フィル・スペクターのボックス どうなった? [音楽]

ここで紹介したフィル・スペクターのボックス。
6月にリリースされるのを楽しみにしていた方も多いのでは?
冊子に書かれていたアノ情報を信じていたのに、結局出ませんでしたね。
やはり色々と事情があるのでしょうか?

その代わりでしょうか、こんなのが出るみたい。
どういう内容なんでしょう?


Essential Phil Spector

Essential Phil Spector

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Legacy
  • 発売日: 2011/10/18
  • メディア: CD



前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。